総本家駿河屋と菓子の話

総本家駿河屋の商品が完成するまでの開発秘話や、おすすめのお菓子について、
和歌山の見所など幅広くご紹介します。

2017.02.28紀州徳川家が誇った美しさを、今に伝える

一覧に戻る

和歌山の店舗だけで販売している「和歌浦せんべい」。総本家駿河屋が紀州徳川家の御用菓子司であった頃に、諸大名へお納めしていたせんべいと同じ製法でつくり続けている、少し特別なせんべいです。
「関東は米せんべい、関西は小麦粉のせんべい」とよくいわれますが、和歌浦せんべいは卵のやさしい甘さを活かした「たまごせんべい」で、和歌山ならではの味として地元で愛され続けています。名前の由来となっている和歌浦は、平安時代に万葉集にも読まれた和歌山の景勝地。その和歌浦にある、徳川家康を祀った紀州
東照宮やその参道に当たる不老橋など、紀州徳川家にまつわる名所の数々が、せんべいに描かれています。和歌山県内には数多くの和歌浦せんべいがありますが、総本家駿河屋では、江戸時代から同じ図柄を用い
ています。
うららかな陽の光に輝く海と、深い緑が茂る山、それらを背景にどっしりと構える、風光明媚な建造物…。
かつては紀州徳川家も愛でたであろうこの和歌浦の風景を、和歌山に根ざす菓子屋として今に伝え続けたい。そんな郷土愛を込めて焼き上げたせんべいは、県外の方へのお土産としてもお勧めの一品です。

 

ご購入はこちら